目的別におまとめローン会社を徹底比較

高限度額のローンは?

おまとめローンなので大きな金額が借入可能なローン

 

>>高額限度額ランキング

低金利で借りたい!

せっかくおまとめローンで1本化するのなら低金利。

 

>>低金利会社ランキング

審査が早いローンは?

おまとめローンをなるべく早く利用したい方はこちら。

 

>>最短審査時間ランキング

レディース専用

レディースキャッシングのサービスを利用できるローンは

 

>>レディースランキング

無利息期間は?

無利息期間があるところでおまとめローンを利用したい。

 

>>無利息期間ランキング

フリーターOK

フリーターやパートも申し込みOKなおまとめローンは?

 

>>フリーターOKランキング

 

おまとめローン総合ランキング

プロミス

プロミスの即日キャッシング

実質年率 融資枠 無利息期間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 借入開始の翌日から最大30日間
審査時間 フリーター 即日振込
スピーディ審査 最短1時間で可能

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録した方が対象

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

公式サイトへ 詳細をチェック

実質年率 融資枠 無利息期間
3.5%〜9.8% 700万円まで なし
審査時間 フリーター 即日振込
最短3営業日 なし

公式サイトへ 詳細をチェック

おまとめ借り換え

オリックス銀行カードローンおすすめポイント

 

実質年率 融資枠 無利息期間
3.0%〜17.8% 最高800万円 なし
審査時間 フリーター 即日振込
最短即日

※ローンカード発行後

公式サイトへ 詳細をチェック

アコム
実質年率 融資枠 無利息期間
4.7%〜18.0% 500万円 なし
審査時間 フリーター 即日振込
最短30分

公式サイトへ 詳細をチェック

実質年率 融資枠 無利息期間
5.8%〜14.8% 1,000万円 なし
審査時間 フリーター 即日振込
約1週間程度 - -

公式サイトへ 詳細をチェック

おまとめローン返済を一本化

カードローンを複数利用されている方が利用するとメリットが大きいローンになります。全ての借入を1社に集約することにより、返済をやすくしなり、金利の関係で利息も下がる場合があります。

 

>>低金利おまとめローンランキング

おまとめローンでしっかり返済

ATM

最初は1社でのキャッシングでも、その便利さから2,3社とカードローンを利用さる方が多いようです。複数のカードローンを利用すると各社返済日や返済方法が違いますし、自分の借入全体の状況の把握が難しくなります。返済できるのに、入金を忘れ延滞なんてことになっては信用を落としかねません。そこで「おまとめローン」で1度スッキリまとめて返済しやすく、借入状況も把握してみることは非常に良いことだと思います。

 

>>わからないことはおまとめローンQ&Aへ

 

おまとめローンにはメリットもデメリットもあります

メリットデメリット

「おまとめローン」は必ずしもメリットになるわけではありませんが、メリットになる場合は大きいと思います。

当サイトでは、「おまとめローン」の知識やメリット・デメリットなどの解説やおすすめおまとめローンを紹介していきたいと思います。

 

「おまとめローン」取扱いの会社は、通常のキャッシングも取り扱っているので、初めてのカードローンをお考えの方にも利用できるカードローンになります。

 

おまとめローンを利用する場合銀行カードローンと消費者金融どちらを利用すればいいの?

消費者金融と銀行ローンのおまとめ

 

おまとめローンをするにあたって、どこで借り入れをするかが重要なポイントです。いろいろな候補が出てくるでしょうが、まず大きく分けて銀行カードローンと消費者金融に分類できます。結論から言いますと、銀行カードローンの方が借入条件は有利なケースが多いです。

 

まずおまとめローンを比較するときに、金利を意識する人は多いはずです。少しでも返済の負担を軽減するためには、低金利のおまとめローンを利用したいところです。銀行カードローンの方が一般的に、消費者金融よりも金利は低く抑えられています

 

消費者金融の金利を見てみると、○○〜○○%のように一定の幅で金利設定されています。最初の申し込みの時には、上限金利の適用されることが多く、返済実績が増えて信用力が高まると金利が下がっていくシステムをとっています。消費者金融の上限金利は、18%前後に設定されているものがほとんどです。

 

消費者金融

プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 4.7%〜18.0%
モビット 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%

 

銀行カードローン

オリックス銀行カードローン 3.0%〜17.8%
東京スター銀行おまとめローン 5.8%〜14.8%
楽天銀行スーパーローン 4.9%〜14.5%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%〜18.0%

 

銀行カードローンを見てみると、その多くが借入限度額によって金利を設定するシステムをとっています。おまとめローンの場合、それなりにまとまったお金の融資を受ける必要があるでしょう。借入限度額が大きければ大きいほど、金利は低くなるのが一般的ですから、上限金利ではない金利が適用される可能性があります。たとえ上限金利が適用されたとしても、銀行カードローンの場合13〜14%といったところが相場です。先ほど紹介した18%が相場の消費者金融と比較すると、金利はかなり低いです。限度額の上限も、消費者金融よりも銀行カードローンに一日の長があります。消費者金融のおまとめローンを見てみると、大半の業者で500万円を上限としています。ところが銀行カードローンの上限借入限度額は800万円とか、中には1,000万円までの融資に対応できるおまとめローンもあります。

 

→高限度額おまとめローンランキング

 

銀行カードローンのネックとして、審査に時間がかかると思っている人はいませんか?

時間
消費者金融の場合、即日回答のところも多く、早めに実行を融資してくれるイメージがあります。一昔前までは確かにその通りだったのですが、今では銀行カードローンの中にも消費者金融並みの審査スピードのところも出てきています。
大手消費者金融のホームページなどを見てみると、「○○フィナンシャルグループ」などと書かれている場合が多いです。銀行のグループ傘下に入っているのです。銀行は消費者金融の審査ノウハウを傘下に入れることで入手し、その結果スピーディな審査ができるようになりました。このため、消費者金融と引けを取らないスピードを確保できるようになりました。
ただし消費者金融を傘下に持っていない金融機関の場合、多少審査に時間のかかる可能性があります。借入先の中の一つの返済期限が迫っているといった切羽詰まった状況であれば、どこでもスピーディに融資してくれる消費者金融のおまとめローンを利用することも検討した方が良いでしょう。

 

消費者金融のおまとめローンには返済のしやすさのメリット

ATM
消費者金融のおまとめローンの特徴として、月々の最低返済額が少ないことに注目しましょう。借入残高によって返済額がスライドする方式をとっているのですが、銀行カードローンよりも消費者金融は安めに設定されています。月々2000円の返済でもOKとしている業者もあるほどです。思わぬ出費があって、お金のやりくりが大変でもとりあえず必要最小限のお金は返済できるでしょう。
ただし返済額が少ないということは、返済期間が長引くとも言えます。利息は返済期間が終了するまでずっとかかり続けるものですから、返済期間が長期化すれば返済総額も大きくなります。月々の返済金額の少ない消費者金融を利用するときには、お金に余裕のある時は随時返済でどんどんお金を返済するように心がけることです。

 

おまとめローンランキング


このページの先頭へ戻る